2010年10月 6日 (水)

読み聞かせ4年

昨日は久しぶりに読み聞かせに行ってきました




今回は4年生




1,2年生はまだまだ可愛い

5,6年生は大人びてきて

じゃぁ4年生ってどんな反応を示してくれるか・・・?sweat02

おそるおそる教室へschool





1冊目は季節柄この絵本に

読み聞かせ4年

『おいもをどうぞ!』

おなじみ いもとようこさんの絵がとってもあたたかい絵本です



クマさんの畑で沢山のお芋がとれました

クマさんは考えました

こんなにいっぱい一人では食べられない

お隣さんにおすそ分けしよう・・・

そして・・・



話の展開的には4年生には読めてしまうものでしたが、1ページめくることに歓声や笑い声が絶えなく、4年生でも素直に感情を表現してくれるんだなぁと嬉しくなっちゃいましたhappy02





そして2冊目

そのまえにみんなに質問


「パパとママ好きな人~?」




えっsweat01 数人しか手挙げてないけどcoldsweats02

まぁ テレくさいのねcoldsweats01


「じゃぁ ママのキライな所ってある?」





ハイpapersign01 ハイpapersign03 ハイpapersign01sign03


ハーーーーーーイangrypapersign01sign03





おおぉぉ 挙がる挙がるsweat02

「怒ってばっかsign01

なるほど(う~ん 耳が痛いcrying



「じゃぁ パパのキライな所って?」


「お酒飲みすぎ~bottle

「お酒飲んで暴れる~beer

「パソコンばっかやってる~pc

「ゲームばっかやってる~game

「おならがクサ~イdash



パパさん大丈夫ですかぁ・・・coldsweats01

子どもはよく見てますねぇ

オナラは仕方ないとしても・・・dash




そしてこの絵本

読み聞かせ4年

『ヤカンのおかんとフトンのおとん』

おかんはいつもピィーピィーッて怒ってばっか

おとんは休みの日は 布団と一体化して出てこん

そんなに怒らんといてぇや

一緒に遊ぼうや





子どもの目線からみた おとんとおかんのお話

大阪弁で可愛いですよheart04


これはサトシンさん作なのですが、これを描くにあたり、全国の小学校をまわった時にインタビューしたそうなんです


「おとんとおかんのキライなとこは?」




その1位の理由がこれなんだそうです



でも最近 フトンのおとんは少ないんじゃないかな?

結構パパもアクティブになってきて、お休みの日も出かけてますよね~rvcar

少なくとも私の周りのパパはそうかな



私がした今回の質問では「酒癖が悪い」が1番でしたよ

それも困ったもんだ・・・sweat01




おと~ちゃん  一緒にあそんでぇな



おか~ちゃん  そんなにピィーピィー 怒らんといてぇな

2010年7月16日 (金)

読み聞かせ6年

アップが遅くなりましたが

火曜日に読み聞かせに行って来ました



し~さんのクラスです



家で何度も


「ホントに来るの?」

「何 読むの?」

「明日だよ 忘れてない?」

「面白い本?」






嬉しいような恥ずかしいような という感じみたい





選んだ本は

20100525_019 以前も読んだ

「しにがみさん」

20100713_003

「ウェズレーの国」








少年ウェズレーは 友達もいなく、みんなから浮いた存在

みんなと同じ髪型をするのもイヤだし、サッカーも大嫌い




そんなウェズレーが夏休み前、ひらめいてとてつもない自由研究を思いつきました



それは・・・「自分の国を作ること」



始めは名もない植物を育てることから始まり、何もかも手作りで 食事や洋服や空の上の家



始めは馬鹿にしていた周りの友達も、加わっていきます




小さい頃だれでも 自分だけのお城や、秘密基地を作ったことがあると思います

とくに男の子ならこんな秘密基地、あったら入りびたりでしょうね




し~さんが家に帰ってきてから

「あの本、面白かった」と言ってくれました



汗だくになって読んだ甲斐がありましたぁ~

2010年6月29日 (火)

読み聞かせ3年

ビミョーなお年頃

3年生



低学年よりでもなく


上級生よりでもなく

反応はどうなのか?


ミステリアスな学年・・・(んなことないかsweat01

とにかく



この時期にどうしても読んであげたかった1冊

20100625_002

おこだでませんように



私ずぅっとタイトルがどういう意味かわからなくて

『おこられませんように』なのねcoldsweats01



いっっつもいっつもおこられる ぼく


おかぁちゃんがいないから 妹の遊び相手してあげてるのに、折り紙が上手く折れなくて妹が泣いてしまい

「なんで妹を泣かせるの!」「宿題なんでやってないの!」

(だっておかぁちゃんがいないから遊び相手してやってたからやないか)



かまきりをみつけたから、みんなに見せてあげようとしたら女の子が泣いちゃって怒られて

給食でお友達に大盛りに盛り付けてあげようとしたら怒られて

休み時間に大きな声で歌ってたら「静かにしなさい」と怒られて

入学式の時は「大きい声で元気がよくていいね」って言われたのに


毎日毎日怒られる ぼく

何をしても怒られる

どうしたら怒られないの?

そして ぼく が七夕の短冊にかいたお願いは・・・






母として 読んでいてグッと胸に詰まるものがあります



子どもは悪いことしようとしてなんかないんだよね

あくまで好奇心だったり、彼らなりの理由がかならずある


だから、しかる前に彼らの言い分を聞いてあげたいですよね



保育士の頃 子どもが喧嘩したり、噛み付き、ひっかきがあると(2歳児ってピークなんですよね・・・sweat02)心がけていたのは「子どもの言い分を聞くこと」



もちろん噛み付き、ひっかき、叩くといった行為はいけないことだけど

そうするには何かの理由があったはず



聞くとハチャメチャな理由だったりわけわかんない事も多々あったけど

その行為だけを叱っても、子どもは反発します



そんなわけで、この絵本を読んだ後、子供達に「みんなの先生はどう?すぐ怒る?」と聞いてみました



「ううん、優しいよ!」とフォロー?する子数人smile

先生 苦笑いcoldsweats01


「もう七夕のお願い書いた?何て書いたの?」と聞くと

「おしえなぁ~い ナイショnote

おお さすがdelicious



ちなみに私も書きましたよ~scissors







そしてもう1冊

20100625_003

こわがりうさぎ ホッペル



これはし~さんが幼稚園のころ毎月とっていた絵本の1冊です

絵がとてもカラフルで印象深かったので、今回引っ張り出してきました




こわがりうさぎのホッペルが、モンスターの魔法で石になってしまった友達を助けようと、勇気をふりしぼって色々な難関をクリアしていくお話です



モンスターは太陽の光に弱い、ということがわかったホッペル

じゃあ、どうしたら・・・?



みんなに問いかけて見ると、いろいろ考えて言ってくれましたよ


「鏡で反射させればいいんじゃない?」etc・・・

すぐ反応してくれるあたりは、やはり3年生 かわいいよね~

これが5,6年生になると、口には出さないからねgawk




今日も楽しんできました




さて 再来週は し~さんのクラスだぞsign03

2010年6月15日 (火)

読み聞かせ1年

今日は1年生のクラスに読み聞かせに行きました


前回が6年生

今回は真反対の1年生



まぁ、保育園の子達に似た年齢だし、みんな「1年生の読み聞かせは楽しいよ~heart01」というし




まず1冊目は

20100615_007

ぐるんぱのようちえん



くさ~い きたなぁ~い ぐるんぱは 誰からも相手にされず

周りの象たちは「仕事をさがしてこい」と ぐるんぱに言います


頑張るのですが ぐるんぱは

「もう けっこう」と どこでも雇ってもらえず・・・



さいごに ぐるんぱは ようちえんを子供達のために開きます

どんなようちえん?




有名な絵本なので、「オレ、知ってる~」という子もチラホラ


小さい子のかわいい所は、素直に感情を表現してくれる所だよね

笑ってみたり、セリフを真似して言ってみたり





さて次は 今日のメイン

20100615_009

まくらのせんにん そこのあなたの巻


まくらのせんにんが、しきさん かけさんと歩いていると

ぞうさん うさぎさん たこさん きりんさんが穴の中に顔を突っ込んで抜けなくなっているではありませんかsign01


さあ、どうしましょ どうしましょ


これを助けられるのは・・・そこの「あなた」sign03



「あなた」じゃなきゃ無理sign03








参加型絵本で、やはりウケましたね~smilescissors






さて最後に少し時間があったのでこれも読んじゃいました

20100615_010 「だるまさんが」



これも今や有名ですね



ファーストブック(赤ちゃんに与える初めての絵本)に選ぶ方も多いそうです





だ   る   ま   さ   ん   が






この繰り返しなんですが

だるまさんがとても表情豊かに動きます



子供達もいつの間にか私と一緒に

「だっ るっ まっ さっ んっ がっっnote





「だるまさん」シリーズはいくつかあり

「だるまさんと」「だるまさんの」などあります

「まくらのせんにん」と著者は同じ方ですが、残念ながらお亡くなりになりました

これ以上シリーズがみられないのは残念です





やはり1年生は楽しかったhappy01heart04

保育園を思い出したよ





さて再来週は3年生です

何にしようかな・・・

2010年5月25日 (火)

読み聞かせ 6年

今年から 小学校の読み聞かせbookに参加することにしました





今までは仕事で朝にそんな余裕はなかったんですが

今少し時間が自由に使えるようになり、やってみようかなぁ~って






もともと保育園で読み聞かせは十分やっていたので、そんなに抵抗はないのですよhappy01

ただ、高学年の子って何を読んであげたらいいの・・・sweat01?と悩みました







今日がデビューの日shine

ワタシは6年生のクラスへ行きました(残念ながらし~さんのクラスではない)





結構ネットで調べたり図書館へ行きましたよ~coldsweats01

とりあえず他のママさんに受けたアドバイスは





「最後に重い内容の本で終らない方がいいsign03






うん  確かにthink

これから1日が始まるぞ~upって時に、くら~く終りたくないですよねdown








今回選んだのはこれflair

20100525_019

「しにがみさん」

落語の本です







5年生の時に「まんじゅうコワイ」という落語を勉強した子供達






落語って結構面白いんですよ

話にちゃんとオチがあって






これもタイトルはちょっと怖いけど、内容はそんなに重くはないです







引き込まれるストーリー展開で、一気に読めちゃいます

子供達も目を見開いて聞いてくれていました







最後の予想外の展開に(しかも最後の1ページを開いてビックリ)

あっけにとられる子供達






本を閉めると「はぁ~・・・coldsweats02」という声が





低学年には少し難しいかなconfident







そしてもう一つ

20100525_017

「それからのおにがしま」







タイトルどおり、桃太郎が鬼を退治した後のお話です







それから鬼達はどうしたのか

ほのぼのタッチで描かれています







「桃太郎」のその後なんて考えもしなかったですよねhappy01

意表をついた絵本です







最後はちょっぴりもの悲しくもある終り方でした







私がウケたhappy02paperのは、案外「イヌdog」がおバカさんだったのねhappy02 と




2つの絵本を読み終えるとちょうど時間ぴったりflair







最後におまけで指の運動(指遊び)をしましたrockscissorspaper

指先を使うと、脳に流れる血流の量が増えて、ほどよい刺激と新鮮なエネルギーが送られるそうです






なかなか四苦八苦してる子もいて






これやると、勉強出来るようになるからね~sign01と言って帰ってきましたsmile







さて再来週は、全然雰囲気の違う1年生のお教室へ行きます

何読もうかなぁ・・・delicious